コミュニケーションに関する情報サイト

>

コミュニケーションの特性ごとのメリットとデメリット

メリット

対面する事で、相手に求めたことに迅速に対応できたりします。
電話だとお互いそばにいなくても、連絡がとれるため便利です。
逆にメールだと、お互いの都合の良い時にメールを読み、文章として携帯に保存されるため人によっては便利です。
相手あったコミュニケーション手段で会話していくことが大切かと思います。
様々なコミュニケーション手段を使い分けながら人と関わる事でより良い人間関係を構築する事ができます。
この他にも、コミュニケーション手段って様々あるので、機会があったら調べてみてください。
聞き上手の人の周りには、友人もたくさん集まりますので、近くにいて、行動や言動など学んでみると良いかもしれません。
聞き上手目指して日々努力してみるのも良いかもしれませんね。

デメリット

対面型デメリットは、相手の時間を奪ってしまう事や証拠が残らない事です。
電話も同じく相手の時間を奪ってしまい、身振り手振りを使用した伝え方ができないなどがあります。
コミュニケーション手段のデメリットは、相手の時間を奪ってしまう以外あまりないです。
どのコミュニケーション手段にも言える事ですが、「相手に一方的にしつこく連絡しない」電話をするときは、「相手に今電話をかけて良いか必ず聞く」など、最低限のマナーをしっかりと守りましょう。
最低限のマナーを守れないと、人間関係が崩れてしまったりするので注意が必要です。
状況に応じてコミュニケーション手段を変える事が大切です。
そうする事で好感度が上がり、関わりやすくなります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ